金農の畜産部門では、牛や豚、それに鶏を飼っています(住み着いている猫は、決して学校の財産ではありません。あしからず!!)

 金農の牛は肉牛で、黒毛和種と褐毛和種の2頭がいます。したがって黒と白の斑模様が特徴のホルスタインのような乳牛はいません。また、豚も2頭の母豚が産んだ子豚が大きくなると肉用に出荷されます。一方、鶏は採卵用として飼われていて、毎日、新鮮な卵を出荷しています。
 畜産部門の世話をするのは生物資源科が中心となっておこなっており、実習でこれら家畜の世話を行なっていて、動物との触れ合いを通して生命の大切さを肌で学び取っています。



 


Copyright 2005 秋田県立金足農業高等学校 all rights reserved